お墓を建てるのに準備しておくべきお金はいくら?

お墓を建てようと思ったら、気になるのが価格。

お墓の価格はわかりにくいところも多いため、実際にはいくら準備しておいたら良いのか

わからないものですよね。

お墓を建てるには、土地を利用するための永代使用料、墓石価格、霊園の年間管理料などがかかってきます。

霊園や石材店によって価格は異なりますが、全国的な平均で言うと、すべて合わせておよそ210万円です。

やっぱりかなり高額ですよね。

とくに、そもそもの地価が高い東京や神奈川、大阪や京都では、永代使用料もかなり高いため、必然的にお墓にかかる金額は平均を超えてきます。

また、お墓自体の費用以外にも、入壇料や彫刻デザイン代、埋葬料、戒名料、お布施などがかかってくるため、余裕を持っておきたいなら300万円以上は準備しておいた方が良いでしょう。

ただ、最近ではお墓にお金をかけない人も増えています。

もし節約をしたいのであれば、墓石を外国産のものにしたり、装飾のあまりない墓石にすると良いでしょう。

宗教に属していないのであれば、入壇料のかかる寺院墓地は避け、公営の霊園を使用するようにしましょう。

樹木葬や納骨堂、合葬墓などを選択すると、かなり割安にすることが可能です。

お墓の選択肢は増えています。

十分に情報収集をした上で、無理のないお墓を購入するようにしてください。

また、お墓は、分割購入やクレジットカードを使っての購入をすることもできます。

費用負担が大変な場合は、石材店に相談してみましょう。