お墓を建てても後継ぎがいない場合はどうすれば?

お墓を建てる必要があるのに、後継ぎがいない。

実は最近この悩みを抱えている人がたくさんいます。

核家族化が進んでいること、未婚者が増加していること、子を持たない夫婦がいること、などが理由で、従来のように何十年何百年とお墓を維持することは難しくなっています。

せっかくたくさんのお金をかけて墓石を購入し、お墓を建てても、自分が亡くなった後には誰も管理してくれる人がいないというのでは、心配ですよね。

そんな場合には、寺院の永代供養墓や合祀墓、ロッカー式の納骨室を利用するのが

おススメです。

田舎の方では、風格ある和型墓石を使ったお墓がまだまだ主流ですが、都市部では、簡易的なお墓が支持されるようになってきています。

永代供養墓や合祀墓、ロッカー式の納骨室であれば、お墓のお世話をする人がいなくなって、代わりに寺院の僧侶や墓地の管理者が供養をしてくれるので安心です。

しかも、一般的なお墓よりも非常に安価であるため、多額の費用を準備する必要もありません。

簡易的なお墓の支持が高まる一方で、従来のお墓のスタイルと違い過ぎることから、好印象を持たない人も多いのは事実ですが、お墓で大切なのは見た目ではなく、きちんと供養されるかどうかです。

世間体を気にしてしっかりとしたお墓を建てても、そのうち誰にも供養されなくなるのでは意味がありません。

お墓のお世話ができる後継ぎがいないのであれば、ずっと供養してもらえる、安心できるお墓を選択するようにしましょう。