東京の戸建住宅を担保にした不動産担保ローンの注意点は?

不動産担保ローンはいっきに多額のお金を融資してもらえることが利点ですが、その裏返しもあります。

東京ならなおさらの注意が必要です。

お話ししてみましょう。

■メリットがデメリットに転じてしまうこともある。

不動産担保ローンという名称にあるとおり、融資には担保を付けなければなりません。

担保物件がある分だけ貸出金利は安く、融資額が大きいというのが不動産担保ローンの最大のメリットです。

しかしそれがそのまま裏返しになって、デメリットに転じてしまう場合があります。

数千万とか1億円とか、巨額のお金を手にしてしまうため、無駄遣いが増えて債務不履行に陥ってしまうことです。

■融資額が大きければ低金利でも馬鹿にならない。

不動産担保ローンだけに金利は安いといっても、数千万円も借りれば金利の相当額は、腰が抜けてしまうほど大きな額です。

“金利が低いということと返済額が少ない”というのとは、意味が異なります。

金利は低くても返済額は大きいのです。

とくに東京の物件を担保にした場合は、融資額が大きくなるのでその辺の感覚がおかしくなります。

必要以上に借りてしまうのは厳禁です。

■金利の付いたお金は完済するまで、自分のお金ではありません。

東京の家や土地が人質になっていることを忘れないことです。

不動産担保ローンでお金を借りる人の多くが、必要以上の額を融資してもらって、その結果、債務不履行に陥っています。

借りたお金は人の金であり、返し終わるまでは、東京の家と土地が人質になっているということを忘れないでおきましょう。

小さく借りて、繰上返済などで大きく返していくことをおすすめします。

9月
9

Comments are closed.